スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
はきだす4
 短歌 tanka

  青臭いやつ

 僕たちは涼宮ハルヒに出会えないまま10年目の春を迎える

 あの日から僕たち何も変わらない(ぼくが童貞じゃないことくらい)

 いつまでも子どもでいたいと考える 大人のままでいたいと思う

 夏空が好きだと言えるうちはまだ大丈夫。僕らまだ大丈夫。

 知っているかもしれないけど言うけれどきみは特別、ぼくのヒーロー

 旅なんてやろうよ理由はあの頃の僕らに嫉妬させてやるため

 人生の参考書にはマーカーで線引くだけで満足してる

 よく笑えできるだけ大きな声で 未来の僕らがビビるくらいに

 たぶん青春なんだろう、の瞬間。それが永遠に唯一の夏

 平凡な僕たちは特別を夢見て特別を妬み羨む

 味気ない日々を愛おしく思う 痛いと笑い合う友がいる

 次の日を考えることなく深夜5時に飲む酒は青色の味

 思い出は永遠に尽きはしないから僕らの会話にエンディングはない

 臆病なぼくの扉をこじ開けて笑っておくれ「スタバ行こうぜ」

 写真には映らないものが多すぎて、不器用な僕らは乾杯をする

 気がつけば今日は昨日に僕たちのいまの時間は思い出になる

 ずっとこのままでいようね間違えて大人の味を知ったとしても


  ごきげんなやつ

 夕暮れの光が未来を照らしても、いいだろ。夜がすぐだとしても

 雨は雨として降りたかったのです。白くてふわふわとかダサくね?

 5億年くらい未来の山間でテトラポットを発掘したい

 おそうめん、うどん、ひやむぎ、ほうとう。大丈夫、こちらにはペンネがある。
 スパゲティ? パスタ、マカロニ、フェトチーネ? 大丈夫、日本には蕎麦がある。

 夕立がくるぞくるぞと歌いだすカエルの真似をするきみ「ケロケロ」
 「にゃん」と鳴く猫の真似っこをするきみのおでこにキスをする「なんとなく」
 食後すぐ寝転んだせいださっきからきみは「モーモー」としか言わない

 新しい踊りをつくろう ハッピーなやつぼくと君でならできるよ


  甘酸っぱかったり、かっこつけているやつ

 こんな夜も スカートをはく君たちよ。永遠に女子高生であれ。
 さみしさはさしみに似ているできるだけお早いうちに食べてください
 きみたちの価値は大人になるとなくなる。だから、卒業なんてよしなよ。
 サヨナラのラはラララのラ 泣けばいいそのまま歌を歌おうラララ

 「西野カナとか聴くんです」一言で始まる前の恋は終わった
 僕たちの間に愛が生まれるか確かめるため聴き合うaiko

 プラネタリウムみたいな星空だわ! 違うよ、もっと本物を見ろ。

 君もそう。ぼくもそうなの。叫けばねば。愛、夢、希望、リポDをくれ

 祝福をしようとびきり熱いやつ おめでとうさよなら好きでした
 この恋は偶然なんかじゃないけれど運命だとかいうのでもない
 失恋に効くお薬をあげましょうアイマスとラブライブ!どっちがいい?

 虫の声乾いた唇濡れた舌、真夏の夜はキスから始まる
 つらいのは私だけではないのです(だけど私は私だけなの)
 イヤホンのコードに触れる。音楽はどんな形で流れてるのか

 きのう見た夢の話を「うんうん」と聞けることこそ愛だよ少年
 きのう見た夢の話を聞きたいと思ったらそれが恋だよ少女

 恋人になれない僕に許された愛の言葉は「大丈夫だよ」

 少年よギターを握れ声を出せ愛をうたうなら今しかないぜ
 お父さん「カモンベイベー」の言葉が似合う大人になろうと思う
 五本指ソックスやめます日焼け止めもう塗りません君が好きです

 さようなら世界中の隙間という隙間に挟まっているグミたち

 片方のイヤホンを分け合って聴く流行りの曲をぼくは知らない

 春が来る 彼と彼らが思い通りの生き物になりますように

 もう少しぼく大人じゃなかったらこれは恋と呼べたと思う?

 わたしにはガラスのシューズは似合わない 海辺を掛けるような恋をする

 セックスがしたいんじゃない ただ僕はこんな夜にきみと眠りたい

 教科書の落書きを見つけた日から 君の横顔がとてもまぶしい

 地下鉄は雨を知らない 傘の先から滴る水の冷たさだけ

 フラペチーノのストローに添えられたあなたの指に眩暈する、夏

 失恋を唄うな ぬるい ほうじ茶がうまいとか そういうのにしろ

 パーカーのフードにそっと投げ込んだ恋の欠片は洗濯機へと

 ここにきて 話をしようもう夜は寒くもないし、寂しくもない

 「ううん、いま 来たとこ」それが僕たちの最後の1日 最初の言葉

 幸福の ことうとふとくを 積み重ね ぼくの涙は 縦に流れる

 「お言葉に甘えてビールおかわり」と これから長い夜がはじまる

 失敗も 先の不安も 淡い恋の芽吹きも春のせいにしようよ

 「初恋は実らないの」と言い訳を繰り返して5度目の初恋

 「泣いてるの?」「眠っているの」「泣いてるの? プリントがほら、こんなに濡れてる」

 今月の私に聴かれた曲たちは みんな失恋ソングになーれ

スポンサーサイト
【2016/07/28 00:07】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
れんさく!1  (連作 30首 「限りなく、透明に近いブルーの春」)
  連作 30首 「限りなく、透明に近いブルーの春」

 割り箸の割れ方ひとつ、僕たちの日々には最悪が数多あり

 ひとひとが溢れる町でしゃがみ込む。靴紐結ぶふりして、咽ぶ

 大きな声で笑うのは、僕が僕たちだったから。ひとりで泣くよ

 いつかより楽しい日々が足を取る、世界よぼくに正解をくれ

 僕たちは踊り笑う猿、酒を飲め。腐る脳みそ、正解を言え

 さようならここ1年の僕たちよ。世界は終わり、次が始まる

 いまもまた、どこかの国で日をまたぎハッピーニューイヤーが眠る

 覚えてる 限りで1番の光 に縋るぼくよ、ほろびてしまえ

 すき。すき。すき。しにたいくらいに、あの頃の僕たちが好き。死にたいくらいに

 きみたちの価値は大人になるとなくなる。だから、卒業なんてよしなよ

 五限目の窓から見下ろすサッカー、スニーカーに踏まれて死ぬアリア

 たぶん青春なんだろう、の瞬間。それが永遠に唯一の夏

 青春の季節が夏というのなら、冬は破壊と絶望の町。

 またひとつ臆病になる冬の夜。消えてなくなれ、素晴らしき日よ

 僕たちに孤独をわかる日はこない。親指ひとつ、世界とハロウ

 もう二度とロスタイムは訪れない。19歳だった僕はどこだ

 青色を薄めて伸ばす限りなく、透明に近いブルーの春

 冬に雪がれた独りが春に向け、畦地の上で蠢く2月

 深夜2時 僕らを救うおのののか 時計の針がやけにうるさい

 よく出来た世界ね、夜に眠らねど朝になったら朝になる、ほら

 日々の疲れと淋しさが積もる冬。靴下についた米粒を取る

 押しボタン式信号と気づかずに。国道の前、冬から春へ

 右左 右を見返す四叉路。安全牌は捨てるからこそ

 寂しいぜ。ぼくの知るヤブやんはこの 街の空気にやられて、黒髪

 この町を離れる朝は、3番線のホームからあの汽車に乗る

 改札を通る土鳩がいつか死ぬことをぼくらが知る日はこない

 となり町に来たかったわけじゃない、ぼくは別世界に行く気だった

 さっきからiPodが早く死ねと言ってきやがる。青にぶつかる

 お前まだ、去年のピストル使ってる? ストレスが火薬とかもう古いぜ

 歩いて帰ろう、と斎藤はうたう。自転車でもきっと、悪くない

 



短歌の連作はずっとあこがれていました。
ひとり、すごくあこがれている作家さんがいて、連作50首「否定する脳」|宇野なずき/レグルス|note(ノート) https://note.mu/regulusalpha/n/nd3bae1009237  これなのですが、すごい影響を受けて作った連作です。

ぼくにはひょいと連作を作る能力はなく、じわじわと詠んだものを連作になるようにピックアップして、くっつけたものです。
僕にはいままでたくさんの影響を受けてきた言葉があって、そのうち「青春を引き伸ばしたくて水増ししていたらほぼ透明な水色みたいな春になってた」というものがあり、その言葉をオマージュして作ったタイトルテーマにしています。

いつか、「ぼくたちの青春には甘酸っぱさが少し足りない」という言葉をテーマにした連作も作ってみたいと思ってる。


【2016/02/22 01:48】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とくべつ!
僕は少し前まで小学生だったと思う。
小学生のころの記憶はない、それはもう思い出というクローゼットのような箱に入っていて、自分が小学生だったという事象を認識しているだけで、それを証明する術も確認する方法もない。タイムマシンでも発明されない限りそれは難しい。
でも、あの頃の絶対的最強感には確信をもって生きている。それから卒業できないまま、21歳を5年間も続けている。

あの頃はほんの少しのことでスペシャルになれた。
ランドセルを前にぶら下げてみるだけで、いつもと違う道を通るだけで、小学校の学区外に行くだけで、非日常を味わえたし、大人になれた。
あの頃はほんの少しのことで不良になれた。
ランドセルの留め具を止めないだけで、上履きのかかとを踏むだけで、小学校の学区外に行くだけで、不良になれたし、大人ぶれた。
世界が狭いからだな、と今は思う。
世界が狭いから、自分の学区内だけで比較して、クラスで一番面白いやつが世界で一番面白いやつだと思っているし、クラスで一番かわいいあの子はきっとアイドルになるんだと思っている。少年野球をする彼は、野球選手になった時のためにサインを練習している。そういう絶対最強感があったことを今でも覚えている。
世界が狭いことをかわいそうだと思う人もいるかもしれないが、僕はそれをうらやましいと思う。世界が狭いということは、世界が広いことなのだ。僕はそんな風には生きることができない。世界は自分の身の丈にあった程度の狭さがいいに決まっている。例えば、僕が釣りが好きだったとする。思い返すと、小学校のクラスメイトの中では一番お金をかけていたし、釣りをする回数も多かった。秘密の場所も僕が一番知っていたに違いない。だから僕は、胸を張って釣りが好きだと言えたし、自信をもって釣りをしていた。それは幸せな時間だ。
でも、今の僕はそう言えない。僕自身はそう思っていても口にはできない。だって、彼の方が釣りはうまいし、すごい道具も持っている。素敵なスポットも教えてくれるし、なじみの釣具屋だってある。ほら、僕には到底見れない世界を知っている。それはもう、僕は釣りが好きなのではなく、知っているだけで、好きなのは彼の方なのだ。
特技は? と聞かれて僕はまごまごしてしまう。釣り、かもしれない。でも、彼の方が釣りはうまいし、特技として言うにはおこがましい、そうして僕は特技を失っていく。最強を失っていく。日常に散らばるスペシャルは減っていく。

ランドセルを前にぶら下げたからといって、大きな声で笑うことはできないし、上履きのかかとを踏んでいても、先生に怒られることはない。
シャープペンを使っていることがばれないようにビクビクする必要はないし、ロケット鉛筆にときめきを覚えたりは、しない。
18歳の僕はこっそりと煙草を吸っていた。初めて、タバコ屋さんでたばこを買った日のことを覚えている。冬だった。レモンシガーを買った。年齢を確認されたときの可能性を考慮して、小銭をポケットから取り出して支払いをした。財布をもっていませんよ、年齢確認証明書を出してといわれてもそう答えられるように。
そういう非日常が、今の僕には足りない。僕だけじゃない、世界にはそういうスペシャルが足りないのだ。年齢を重ねるにつれて、世界を広くしてしまい、それらが一般的で、常用的な事象であることを知れば知るほどに、非日常は遠くなっていく。
ニュースでハロウィンの流行の話をしていた。バレンタインを超えて世間をにぎわし、日本の商業を潤している。「非日常な感じがサイコーです」テレビの画面に映ったこぎれいな髪形をしたゾンビガールと有名テレビゲームの赤いおじさんはピースサインをする。ほら、世界は非日常を求めている。非日常を諦めきれない大人たちだけが、きっとハロウィンを本気にしている。20代がメインだ、とニュースキャスターは言っている。ほらね、と僕は共感する。僕だけじゃない、僕以外にもあきらめきれない屑がいるんだ。
僕はそれを見下しはしない、うらやましいと思う。ぼくも、こうなりたいと。
でも、僕の世界ではこの行為は「若気の至り」コーナーに分類されてしまう。非日常ではなく、こっぱずかしいものになる。こうなるなら、世界なんて狭いほうが良かった、とまた思う。

ほんの少しのスペシャルでいい。陶酔したい、自分の可能性を信じたい。こうしてだれにも「みられる」ことのない世界を広げることがいまの僕の足掻きなのだ。自己顕示欲を満たす行為。
煙草を吸ってみる。それはもう、20歳を超えたぼくには普通の行為で、何の背徳も特別もない。惰性のみ。そこに非日常はない。
僕たちに残された非日常への入り口は、仕事中にデスクから立ち上げり、オーケストラを引き連れてダンスしながら課長の頭に辞表を貼り付けることだけなのだ。
ランドセルの背負い方でも、帰り道の景色は変わらない。背伸びしても、法律を欺くことはできない。
縋るように、非日常を求めてぼくは今日もアイドルのコンサートに向かう。
キラキラと輝く彼女たちが生み出すステージに合わせて踊る瞬間。サイリウムの海に浮かぶ自分は非日常で笑っている。
有給を取ってアイドルのコンサートに行くことは、今の僕のクローゼットには入る箱がない。
【2015/11/11 00:19】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あきよる。
何かが終わることを拒むことが、若さだ。
短い夏が終わったのに、僕はあの頃よりも悲しくない。
今夜は、何かが終わることを悲しいと思いたいなと、愁う夜だ。

昼間の空は高く透いていて、雲の輪郭は煙草の煙のようにふわりとしている。
夜の月は明るくて、月明りに照らされる夜は藍色。
夏のことを考えている間に、熱いコーヒーはゆっくりとぬるくなる。温度を失っていく。
夏にはサイダーを飲むのならば、秋はきっとこんなコーヒーを飲む季節だ。冬はホットココア。
秋という季節は、夏を想うために存在している。
後悔のために、存在している。

そっと目を閉じている間に、セミの鳴き声がすー、と消えて夜の虫が鳴き始める。
夏から秋に。夕暮れから、夜に。
僕は鈴の音に誘われて目を開ける。
回転する思考。
ぼくの世界は、秋を拒みたい。
でもそんな強さもなくて、それを成す仲間もいなくて。僕は冷たい風に流される夏の色を見送ることしかできない。
拒む若さが僕には足りない。
だって、宿題もないし、部活の引退もない。
僕には終わる夏休みがないから、夏を拒む正当な理由がないのだ。

寂しいことじゃないか。
あれだけ終わることが嫌だった夏が、攫われていくことに悔しさを感じないなんて。
そんな形で、大人を実感なんてしたくないじゃないか。


何かが終わることを拒むことが、若さだ。
きっと、なにも変わらないけども、大きな声を出すことがあの頃の僕らの夏の終わりだった。
今夜は、大きな声を出してみようと思う。そのために、ぼくたち大人にはお酒があるんだ。

昼間にちらりと見せた夏の影。空を見上げるのは凡人のすることらしい
黄昏の時は、秋の町。このままやわらかい朱色に溶けてしまいたい。
少しの冷たさは、ぬるいアスファルトのにおいによく合う。
夏に恋が生まれるのならば、秋はそれが愛に実る季節だ。冬はそれを温めあうんだよきっと。
秋という季節は、君を想うために存在している。
君の名をつぶやくために、存在している。

そっと目を閉じている間に、じわりとした汗がすー、と消えてカーディガンを羽織る君の背中を思い出す。
夏から秋に。花火から赤橙に。
僕は震えるスマートフォンに誘われて顔をあげる。
前進する思考。
ぼくの世界を、流してしまいたくない。
ひとりでは、無理なんだ。その世界の速度は、ぼくの知らないもので。寂しさと同じ速度で。きっと、逆らうことができない。
拒むエネルギーが僕には足りない。
だって、秋の向こうには夏がない。僕を笑う上司も、先生もいない。

つまらないじゃないか。
一緒に夏を惜しんで、祭りをしようよ。今から、この僕ときみと、僕の大好きな夏と虫たちと一緒に。
夏が終わるのは、秋の夜が一番なんだ。

祭りの準備をしよう。
今夜はカレーをやめて、シチューにしよう。ただいまと、おかえりを言い合おう。
アコースティックギターで歌うキリギリス。シンバルを鳴らすコオロギ。
アリはトライアングルを鈴虫に運んでいる。ギロを鳴らすよくわからない虫。
セミたちは土の中でリズムを取っている。
オレンジ色。
祭りのクライマックスには、みんなで泣こう。
何かが終わることを拒むために、自分たちで終わらせる。
気が付けば、きっと夏のことなんて忘れている。そして、気が付けば秋は終わっている。
寂しいじゃないか。
それが秋。
【2015/09/30 22:10】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さいきょう。
バカにするなら、お好きにどうぞ

意味を求める社会に、僕たちの全力疾走を

くだらないヒットチャートよりも、ロックンロールを

感じてくれるかい? 少しの希望を

ちっぽけな夢の風船、たった5つで、空を飛ぼうとしているあいつをそうやって笑うのかい?

意味はなくて、かっこよくて、でもバカで
きっとそんな風に人は、希望を作るんだろ?
何も変わらなくたっていいんだよ
世界は今日も、僕たちを中心にまわる。


混ざりたいなら、お好きにどうぞ

意味を求める社会で、無意味の意味探しに行かないかい?

素晴らしいご立派な現実よりも

酔っ払った頭で見る、大きな夢を

ちっぽけな夢の風船を鳥に割られて、飛びかけた空から落ちる、あいつをそうやって笑うのかい?

くだらなくて、かっこよくて、やっぱりバカで
きっとそんな風に、人は夢を語るんだろう?
something to someone 誰かに何かを
僕たちの世界じゃ、最後に笑ったものが勝ち

すごく夢見がちな、少年少女よ
僕たちと一緒に、子供のまま大人になろうぜ?

くだらなくて、かっこよくて、やっぱりバカで
きっとそんな風に、人は夢を語るんだろう?
something to someone 誰かに何かを
僕たちの世界は今日も、僕たちが中心だから!!


【2015/09/26 20:29】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。