FC2ブログ
はじまり! ※そつろん2
 スタイリッシュという言葉は,本当にスタイリッシュだと思う.その言葉のリズムのスタイリッシュさはキムタクよりも,真っ赤なポルシェよりもスタイリッシュだ.わけがわからなくなってきたけど,つまりはリッシュのあたりなんかがシュッとしていて,スタイ!! という感じがかっこよさを演出している素晴らしくパーフェクトな構成と語感によって構成されている言葉,それがスタイリッシュだ. 
 そんなどうでもいいことを考えながら,先月買いたてのノートパソコンを起動させた僕はブラウザを立ち上げ,メールチェックを行う.朝,研究室に来たらまず一番にすることである.
香川先輩はしぶしぶと服を着て(その時着た服が女子高生の制服だったのでそこでもつっこみを一度はさみ,ふつうの服を着ていただいた)炬燵を片付けると,しばしの平穏を研究室にもたらせてくれているようでパソコンに向かって静かになった.
 朝研究室に来る→つっこみ→メールチェック→昨日のアニメの確認→水槽のメダカへのえさやり→今日の予定の確認,という決まった順番で僕はやるべきことを流して終わらせていく.まだ新しい僕のパソコンは最新モデルであり学校指定のダサい機種とは違い,凄く軽くて薄い画面という素晴らしい機能性を発揮している.まさにスタイリッシュなパソコンなのだ.昔使っていたやつがそろそろガタが出始め,卒論が本格的になり始めてから故障されるのは恐ろしいことこの上なかったため新しくしたのである.
 今日は特に急ぎの連絡も来ておらず,実験もやる予定はないので平均以上に平和ななんとなく過ごす一日となるだろう.僕は薄くて,でも明るくきれいなディスプレイを閉じノートパソコンをたたむ.今の技術ではここまで薄いパソコンが出来るのか.
 にしても前に使っていたパソコンに比べると,今のパソコンは動作性が違う.OSも新しくなっているし,なによりもスタイリッシュだ,もう説明が面倒になってきたスタイリッシュにもほどがある.
 僕は椅子から立ち上がり,何ならそのまま椅子の上に立ち,先輩の方へ振りむく.
「僕のパソコン返してくださいよ! なんですかこのスタイリッシュなパソコンは」
 そして僕はノートパソコンを掲げる.印刷紙と段ボールで出来たディスプレイに『ヘイ,そこのスタイリッシュボーイ☆』と書いてあるパソコンを.本体には先輩画伯によるスタイリッシュボーイが描かれていた.これ,モデルは僕なのだろうか? にしてもアゴが鋭利に描かれすぎだよ.
「どうしたんだい? スタイリッシュボーイ」
「やかましいわ!」
 香川先輩は笑いをこらえる気なんて毛頭ないらしくケタケタと笑っている.さっきから妙に静かだったのは僕の新しいパソコンをいじっていたからなのだろう,なるほど納得がいったよ.
「にしても宇崎,そのパソコンめちゃくちゃスタイリッシュだな」
「でしょ? なんならあげますよ.先輩の方が僕よりもスタイリッシュボーイですからね」
「いや,やっぱスタイリッシュと言ったらお前だよ,そのパソコンに書いてある絵とかお前にそっくりじゃないか?」
「いいえ,わたしの方がスタイリッシュよ」
 突然立ち上がる原咲.スタイリッシュな効果音が聞こえたような気がした.
「な,なら,僕の方こそスタイリッシュにふさわしい」
 少し悩みながら多田がきちんと椅子を引いて立ちあがる.そして,ゆっくりとスタイリッシュなポーズをとった.スタイリッシュなポーズを.
「まぁ,スタイリッシュなパソコンを持っている僕が一番スタイリッシュですけどね」
 僕も負けじと,考えられないくらいにスタイリッシュなポーズを決める.上空に掲げるのは素晴らしく軽いスタイリッシュなパソコン.
「ふふふ,四天王的に考えればわたしが最強のスタイリッシュだ!」
 そして本命,香川先輩がそのメガネをスタイリッシュに上げながらそう怪しげに叫ぶ.周りには白い鳩が羽ばたき,いつの間にか先輩のシャツははだけている.それはもう,スタイリッシュ過ぎて失明する観衆が現れるレベルにまで到達していた.
「そう,我らが」
 先輩が続けて叫ぶ.多田が若干死んだ目をしているのがわかった.安心しろ,多田,もう終るからな.だから,最後はかっこよく決めよう.今日一番のスタイリッシュさと,熱いハートを込めるんだ.
そうだ,我らがスターダム,インクレディブル,リアル,集団
「「スタイリッシュだぜ!」」
 
 
 少しの間があって,原咲が座り,多田も静かに腰を下ろした.
 僕は手作り感の否めないパソコンを先輩に向けて放り投げる.
「おお,すまん.なかなかこのパソコン使いやすいな」
 そして香川先輩が僕のパソコンを渡してきた.とりあえず,メールチェックをしよう.そして今日の予定を立てよう.
 席に戻り,今度こそ自分のパソコンを立ち上げる.しばらくして,ついたディスプレイのデスクトップには「ヘイ,スタイリッシュボーイ☆」という文字とともに,さっきよりもアゴの鋭利さを増したスタイリッシュボーイが描かれていた.

 誰かに理解されなくても,僕たちはこれで楽しんでいる.明日は何をしよう,次はなにをしよう考える楽しさを僕たちは20歳を過ぎても,忘れちゃいないんだ.

それでは皆さんせーの『そつろん!』
【2012/01/12 01:41】 | そつろん! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いちにち! ※そつろん1
 ときどき思うことがある.
 というか,だいたい毎日思う.

 早く室内へと入りたくなる季節,朝日が東から辺りを照らしていようともその暖かさは時折吹く肌を刺すような冷えた風には勝つことはできない.吐く息は白く染まり,もう世間はクリスマスシーズンを意識し始める12月初旬.僕は今日も研究室へと向かう.
 僕の所属するこの地方国立大学,環境システム工学部キャンパスは大学生が華のキャンパスライフを謳歌するには著しくふさわしくない場所に位置している.ただでさえ地方国立ということで,都会では決してないのにさらに中心部から離れたところにあるのである.それはもう,遊びに行くなら車は必須であり,ボーリングやカラオケに気軽には行くことができない,端田舎だ.いまだに僕はクラブやおしゃれなバーに通う学生はフィクションにしか存在しないものだと考えている.しかし遊ぶ場所が少ないからと言って真面目に勉強に励む人間はわずかであり,僕もその例外にもれず抜きに出て優秀なわけではないそこそこの大学生だ.
もしも,都会の大学に行っていたならば人生が変わっていたかもしれない,なんて考えても今はどうでもいい,どうせ僕は今4年生であり,この時期はどこの大学にいようと卒業研究という理系学生ならば十中八九頭を抱えているであろう問題に追われているのだから.
 無駄に広いキャンパスを寒さに耐えながら歩き,川の字状に並列して並んだ研究棟の二つ目である二号棟を目指す.二号棟の三階,西側はしっこに位置するのが僕が勉学に励んでいる研究室,水環境工学研究室,通称『みずこう』になる.
 カンカンと,足音を鳴らして非常階段を登っていく.もう幾度となくこの階段を登ってきたがこのTHE・非常階段であると十人中三人くらいは共感してくれるだろう金属音が目立つ足音が僕は好きだった.

 ときどきというか,毎日思うことがある.
 その思いは大学4年生になり,研究室に所属が決まった時から大きくなった.
 
 三階につき,冷たいドアノブを回してアルミ製の扉を開き棟内に入る,そしてすぐ西側に見える研究室もとい,みずこうである.すりガラス越しに皆がもう来ていることがわかった.朝っぱらから皆の騒がしい声が聞こえる.僕はゆっくりと息を吸い,深呼吸をした.
 今日も一日僕は頑張ろう.
 そう意気込み,僕はドアを引いて開ける.

「おはよう」
 右手を挙げて挨拶をしながら入室する.部屋の中はもう暖房が利いているようで暖かかった.
「お,おはよう」
 僕の同級生の多田がもう席についていて,最初に挨拶を返してくる.
「外寒いよね,今日も」
 次に僕の向かいの席の原咲(これでフルネーム)が抑揚のないで言葉を放つ.
 研究室に所属している4年生はこの僕,多田,原の3人だけだ.今日もいつもと変わらない,朝のやりとりである.
「寒いなー」
 僕はそう返しながら席に着き.先月買いたてのパソコンの電源を入れ,起動を待つ.そして小さくため息をついた.
 今日も一日,頑張ろう.そうさっき意気込んだばかりだ.早々と挫けるわけにはいかない.

 ここにくるとその思いは抑えきることができないものになる.
 どうして,どうして僕はこの研究室に入ったのだろう.
 そして同時に,もう後悔しても遅いのだから精一杯やってやろうというあきらめの境地も生まれる.

「おはようございます,先輩」
 僕は椅子から立ち上がり,僕たち学部生の島から離れた位置にある院生の先輩の席へ振り向く.
「おはよう,宇崎!」

 やたらとハイテンションで返事を返してくる香川先輩,やっと声をかけてもらえたことが嬉しかったのだろうか,その瞳はきらきらと期待のまなざしで輝いていた.
香川先輩はこの研究室唯一の院生である.成績優秀,高身長で綺麗な顔立ちのなんともふざけたプロフィールをお持ちの先輩だ.僕がみずこうに所属していることを友人たちに話すと,いつも香川先輩と一緒であることをうらやましがられる.面倒見も良くてかっこいい,皆があこがれる先輩ということらしい.ああ,僕も今思えば,昔はそう思っていたのだった気がする.
と,言うわけで,僕はもうこの人を先輩とは思っていない.
「挨拶とか,どうでもいいよ! とりあえず,炬燵から出てこい! というかなんで研究室のど真ん中に炬燵があるの? なに? そのミカン.うまそうだし.じゃなくて,炬燵もそうだし,まず服を着ろ! 暖かいのはわかったから服を着てください,話はそれからだぁあ!!」
 僕は今日も先輩の自由に振り回される.卒論も大事だけど,僕はつっこみにも命をかける.それが,精一杯この研究室で頑張るということだ.
「おい,原咲も入ろうとするな.てか,先輩が裸なのはお前的にアリなの? 女子としてどうなのよ,それ」
 こんな感じで,みずこうの一日は始まる.学校一自由な先輩を中心に,ゆるく,たまに真面目に,そして好き勝手に,僕たちは学生生活を謳歌する.悪の組織も,世界の危機も,シリアスな事件も,胸がキュンとなるラブシーンも,なにもない,僕たちの日々を今日も...

 はい皆さんご一緒に,『そつろん!』
【2012/01/09 20:41】 | そつろん! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フィクション!※そつろん! 設定
 僕は流域水工学研究室,通称『みずこう!』に所属する大学生で,農業用ため池,水質,環境保全,農業土木等をキーワードとした卒業研究をしてます.

 よくある理系の大学生,真面目ではなくふまじめでそこそこの感じで,締め切りに追われ友人に焦らされ,先生に急かされながら残り100日を切った学生生活を,あーあの時からきちんと勉強しておけばよかった,もう少し計画的に進めておけばよかったなんて人並なことを思いながら過ごしています.
 で,そんなことはどうでもよくて,ゆるいものが好きです.
 彼女がいなく,卒論に追われ日々枯渇していく心の潤い,ここ数カ月の間に今までにましてそういうものに癒しを求めて,人目を気にすることなくはまっています.

 で,有名四文字萌え系アニメを見てて思うんですよ,かわいいなーとか,うらやましいなーとか,かわいいなーとかを.

 そつろん! なんて四文字萌え系日常アニメがあれば,僕はもっと頑張れると!
 そして,みんなもがんばれると.
 
 そんなことを考えながら,研究室で周りの目を気にしながらこの記事を書いています,みんな,この時期はキーボードを叩く行為は卒論を書いているものだと,思ってくれるからやりやすい.

 てことで,そつろん! 始めたいと思います.
 萌え系アニメが作れるのがベストですが,僕にはその能力は当たり前にないので,適当に妄想で設定だけでも考えてます,卒論の合間に.

 舞台 地方国立大学の水環境工学研究室通称『みずこう!』

 主人公
 宇崎 竜
 男,22歳,香川先輩曰く,犬系の顔,成績中の中,寝るのが好き,意外とロマンチスト,つっこみ役,ノリつっこみ好き.
 研究室メンバー 

 香川先輩
 男,24歳,メガネ着用ややロングの髪,一留で院生の先輩,主人公の学年的には一つ上,成績は意外と今は優秀,高身長,自由,適当な性格,甘いもの好き,ボケ,主人公を振り回す立ち位置,コーヒーの良し悪しがわからない.

 多田
 男,22歳 主人公の同学年,成績普通,真面目,でもいじられる.不器用,いじられ立ち位置.

 原 咲
 女,22歳,同学年,成績優秀(要領がいい),低身長,咲ちゃん,はらさき,主人公のことはウサギと呼ぶ.ベーシスト,唯一の女子メンバー

 先生
 山田
 男,31歳 学生と間違われるくらい若く,慕われている(なめられがち) 炭酸水好き,独身, 


 以上,基本メンバー5人を中心に繰り広げられる,大学生日常ゆるかわ? 超普通ストーリー
 僕の気が向いて,書かれることがあると思います.
 
【2012/01/09 18:24】 | そつろん! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |