FC2ブログ
おくじょう!
 最近,読みたかった小説を読みまして.絶望センチメンタル
絶望センチメンタル (メディアワークス文庫)絶望センチメンタル (メディアワークス文庫)
(2011/12/22)
朽葉屋 周太郎

商品詳細を見る


 という作品なのです.そして,これを読んで,また昔の作品(未完)を思い出しました.
 自殺,や少年時代の抱えるモラトリアム,やるせなさ,無力感,そして若者らしい浅はかさ.経験値のなさ.
 そういったものをテーマに,僕は作品を書きたいのです.
 僕は青春コンプレックス,中二病,アダルトチルドレン,なんかそんな風なタイプの人間でして,自分の抱えていたあれこれを解決して納得していくためにもそういった作品の完成を目指しています.
 そこで,であったのがこの作品.
 
 >今日こそはアイツに復讐しよう。公園のベンチに座ってそう決意する僕の目の前に、女子高生のお姉さんが落ちてきた。
 ……アスレチックの上から。
 彼女は微笑んで言う。
「しようぜ、復讐」
 見知らぬお姉さんに引きずられ、僕(=小学五年生)の奇妙な旅が始まった。旅なのか……な?

 第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞後、第一作。可愛げのない小学生と、破天荒な女子高生。おかしな二人の奇妙な旅を綴るメランコリック・ロードノベル。 <引用...メディアワークス文庫本背表紙>


 主人公の小学五年生らしさ,そして女子高生のお姉さんの若者としての心.
 時折,コミカルでやるときはやる.シリアスもあって,ラストにはほどよい喪失感.
 短く,纏めすぎ感もありましたが,なかなか満足もありました.
 そして,下に記載する,僕の作品.
 これは,僕の能力ではまとめきれず,放置していたものになるので序だけですが,これの到着地点のヒントはこの作品の中にあるのかもしれないな,と思いました.そして,同時にこの僕の作品はある作品のパクリ作品なのですが,そのある作品は,絶望センチメンタルにも通じる部分があったのですね.もしかしたら,同じような感性で描かれているのかもしれません.










 この世界に未練とか、執着がまったくないわけではなかった.
 でも,それ以上に,虚しさとか切なさと、よくわからない渇きを抱えたまま生きるのはものすごく大変で、面倒なものに感じられた。だから,もういい.どうせ,そんなものだ.
 君が無駄に過ごした今日は、昨日死んだ人が、死ぬほど生きたかった明日でもある。
 そんな,たいそれた昔の人の偉い言葉を思う.それはそうだ.ごもっともだ.でも,そんな彼らと代わってあげたくても無理なわけで,だからといってどこのだれかもわからない人間の事を思いながら,日々を謳歌できるほど自分が出来ているわけでもない.
 ああもういい.どうでもいい.こんなもんだ,そんな程度だ.
 もう,おしまい.
続きを読む
スポンサーサイト



【2012/04/29 00:42】 | 短編小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ