スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あとがき,じゃ.
 先日,第2回(目に突入した)短編小説書いてみよう会に提出する作品をアップしました.読んでくださった方ありがとうございます.できれば,読んだよー,やここが変だよーとか,気になった部分を指摘していただけるとありがたいです.コメント欄にその辺はお願いします.第2回(目に突入した)短編小説書いてみよう会参加者の方は,またグループ分けとか決まってから,そういうのはあるんですかね? また,その時にはぜひともよろしくお願いします.

 せっかくなので,あとがきです.
 今回の作品は,幽霊がテーマと言うことでオーソドックスに死人を作って,その死人が幽霊(のようなもの,夢?)として出てくるパターンにしました.一番,わかりやすいかな,と.序盤の,主人公が彼を想って過ごすシーンはけっこう気に入ってます. 

 僕の中ではテーマとして,恋の終わり,歩き出す瞬間.的なものを読み取ってくれるかもしれないいい,という思いを込めてます.後半の出来事すべてが夢のようで,ふわふわした雰囲気だなー,なんて思ってくれると嬉しいです.
 昔に,男女逆パターンのものを書いたことがありまして,今回のテーマを踏まえてリメイクしてみました.僕の好きなロックバンドの曲をイメージして作られていますので,それが分かってくれた方がいると,ものすごくうれしいです.
 また,第2回(目に突入した)短編小説書いてみよう会が終わったくらいに,僕なりの解釈を書いてみようかなと思います.


 昨日,僕が住んでいる地域で雪が降りました,といってもパラついただけなのですが.それでも,初雪でしたし,なによりこんな四国の南側で雪が降るなんて珍しくて,テンションが上がったものです.ほんと,冬ですなー


 さっそくコメントをいただいていたので,返事をば.

 >鳥居波浪さん
 読んでいただきありがとうございます.
 
 >XY染色体を持つわたしにはちょっと書けそうにない作品ですね。
 大丈夫です,私もれっきとした男ですので.僕はその辺は自分なりの好きな女の人をイメージで書いてたりします.一人称の作文する際,たまに刺激がほしい時に性別を変えてみるのもおもしろいですよ.

 >『流れ星が消えないうちに』(橋本紡)を思い出しました。
 なるほど,昔に僕も読んだことがあります.確かに,最愛の人が亡くなる,それから新しい一歩を踏み出す.という一連の流れは似てなくもないですね.また,久々に読んでみたくなりました.再読して,参考にしてみようと思います.

 >すんなり幽霊を受け止めている
 確かに,重要なシーンのはずですが,さっくり進め過ぎている感はありますね.普通ならリアクションしますよね.ご指摘ありがとうございます.
 しかし,今回の雰囲気で,驚くってのも無粋な気もしますので,今回はこの流れで行こうと思います.以後参考にさせていただきます.鳥居波浪さん,ありがとうございました.

>あきさん
 読んでいたきありがとうございます.
 >雪の心理描写が事細かくて、読んでいく内にどんどん惹き込まれてついつい感情移入しすぎてしまいました。
 なんて!! そういう風に書いていただけると,僕としては素直にうれしいです.心強いです.
 また,ブログに遊びに行かせていただきます.これからも,どうぞよろしくお願いします.
スポンサーサイト
【2012/02/04 03:28】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<はつみみ! | ホーム | さようなら,お別れ,じゃ.>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kimihazakiko.blog.fc2.com/tb.php/18-7e8e4b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。