スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
夢はきっと観覧車に乗って.
 3月も気がつけば一週間が過ぎ,ふとしたさりげない瞬間に別れだったり,終わりの香りがして切ない季節ですね.
 僕も配属先が岡山に決まり,住む場所も決まり,ちゃくちゃくと社会へと出る準備が整いつつあります.心の準備は皆無ですが.

 1月の末,そつろん真っ盛りの際に参加した,自分自身さん主催の『第2回(目に突入した)短編小説書いてみよう会』ですが,期間が終わり,ひと段落したみたいですね.初めて,ネット上のこのような企画に参加しましたが,非常に様々なジャンルが混在し,独特な世界観や,面白いアイデアで勝負している方などがいらっしゃって凄く楽しかったです.
 この場を借りて,自分自身さん本当にありがとうございました.また,何かあれば関わらせていただきたいと思います. 
 そして,なんと12名もの方からのコメントをいただいてしまいました.こんな僕の作品がそれだけの人間の目に触れて,飲みこまれていっただなんて考えると非常に幸せです.他にも多くの方が読んでくださっているでしょうし,そういった僕の作品に少しでも時間を割いてくれた人がいると言うことを忘れずに行きたいと思います.
 読んでくださった皆様,ありがとうございました.
 コメントの返事をしていなかった方々の分,ここで返していこうと思います.
 その前に,少しだけあとがきを.

 この作品「さようなら,お別れ,じゃ」は前にも書きましたが,テーマとして,恋の終わり,歩き出す瞬間.的なものを読み取ってくれるとうれしいな,という思いを込めてます.
 the pillowsの曲が私は大好きでして,そのバンドの曲から印象を受けて書いた作品になってます.目覚ましがなってから,主人公がにゅいーんと,矯正するように立ち上がって行く様子,そこからの夢のような出来事.これが夢なのか,真なのかは僕にもあんまりわかっていないので皆さんの考えるままで,解釈してください.
 もう少し,具体的にあとがきを書きたかったのですが,蛇足になりそうなので自重します.というか書こうと思っていたことがひと月もたつときちんと思い出せなくて書けませんでした(汗

 では,以下コメント返事を...




 >自分自身さん

>「ちょっと書けそうにない作品」です。どうやったら、このような文章、物語を書けるか教えて欲しいぐらい、素晴らしい作品だと思っています。
 だなんて言っていただきありがとうございます.僕は好きな小説家に中村航さん,本多孝好さんといった方がいまして,その方々の作品を参考に自分の文体は形成してます.真似してるわけですね(笑)
 
>「驚いてみせてはいかがでしょうか?」と云いますが、自分から見たら、それは不要だと思います
 そうですか,このように後押ししていただけると僕も自信を持てます.このままでいこうと思います.
 このたびは,企画に参加できてよかったです,ありがとうございます.また,読んでいただきまして,ありがとうございました.


 >高橋月子さん
 
 タイトルに惹かれた,なんて嬉しいです.タイトルは毎回悩みますよね.今回は,カーニバル(謝肉祭)という言葉の日本語訳「肉よ,お別れじゃ」を参考に考えました.カーニバルという曲がこの作品の僕の中でのエンディング曲なので(笑) 
>“頭が痛い”からのくだり、~ 
 このくだりに「よくわかります」と共感していただけて光栄です.僕も非常に最初のシーンは気に入っているので,そう言っていただけると嬉しいです.書いた甲斐がありました.
>心理描写、背景描写も非常に読みやすく、引き込まれる素敵な、だけれども切ない、主人公には頑張って貰いたい、背中を押したい
 そういう風に思ってもらえる主人公をかけているということが僕には最高にうれしいことです.大丈夫です,彼女はきっと,たまに彼を思いながら泣きつつ,でも停滞はしないで少しずつ進んでいってくれると思います.


 >山西左紀さん
 >特殊な.や,の文章で表現されていますが
いいえ,すみません「,」「.」が混在していたのは卒論の際の名残でして(レポートや,論文は「,」「.」を使うためワードの設定を固定していたのです).故意のものではないのです.訂正し,「、」「。」に統一しておきました.
>彼の癖の描写、か細い声で彼の名をつぶやく場面、などは彼女の気持ちをよく表していると思います。
 ありがとうございます! 僕の特徴的と言いますか,自分で好きな文体が,彼の癖の描写の一文のような,句点で分を結び,長い一文のところなのです.そこをほめていただけるとは! 嬉しいです.
>彼女の、"諦め"に達するまでの道のりが上手に表現されていると思います。
 さりげないワンシーンや,一文から多くの事を読み取っていただけるなんて,書き手としては凄くありがたいです.
 名前は確かに,ほとんど出てこないですね.一人称でかつ,登場人物も二人しかいないので名前を呼ぶシーンもほとんどないですから,これは名無しにした方が雰囲気出るのかも,なんて考えてみたりしました.また,参考にします.
>でもやはり泣かなくては、呆れるぐらい!!!これしか解決方法はありませんね
 そうなんですね.最後に呆れるくらい泣いて,また帰ってちょっと泣いて,たまに泣いて,そんな風に進んでいくんだと僕は考えてます.最後の一文から絶妙な読後感を感じていただけたなら嬉しいです.ラストの一文は気に入ってます.

あと,>"客員"の意味が不明です
 この部分完全に『係員』の間違いです.ご指摘助かりました.訂正しておきました.

>紫木 凛音さん
 泣きすぎて,しんどい感じ,身体が重い感じ,ありますよね.
 胸がいっぱいになるくらいに,誰かの心にこの作品が届いていることが,凄く僕にとっては嬉しいことです.ありがとうございます.
>目覚ましがなって「君の仕事は終わってしまったんだよ」と言うところついつい泣きそうになってしまいました
 こういうさりげない一文にこそ,想いがつまってるものですよね.目覚ましは,これからは彼女を目覚めさせるという新しい仕事を見つけてくれると思います.

>藤井 美湖
 >使う人のいない、へこんだ枕 
 この表現を気にいっていただけたようで,また最初の導入で「読もう」と思っていただけたのですか! 光栄です.やはり,小説は導入で人の心を掴むのが大切ですよね.
 そうです.彼に会えたわけですからね,彼女は.これから大丈夫です.
 また,ブログでもちょこちょこ作品書いてますのでよければ読んでいただけると嬉しいです.

>ラナフェリアさん
 >,や.が混じっているのは論文を書いた名残でしょうか?  
 はい,なごりです.すみません,指摘されるまで気にしていませんでした.「、」「。」の方で統一し修正しておきました.ありがとうございます.
 >心理描写や情景の描写も秀逸
 一人称だからこそ,心理描写や彼女が今何を見ているのか,丁寧に書こうと常々思って書いているので,このような感想を頂けて幸せです.もっと,わかりやすく,精進していきたいです.あと,三人称を!!
 
 >一森冬間さん
  読ませる力,ありましたか.そんな風に第三者からほめてもらえて,今回の企画に参加したことは大きな収穫です.ありがとうございました.
 >古びた=停滞したといった暗喩が感じられました。
 なんと,ここまで意識はしていませんでしたが,そんな雰囲気は描きたいと考えてはいたのでよかったです.
>本物だったのか、雪の見た幻だったのか
 これはぼかしたまま終わろうと思います.なんだかそっちの方がいい気がするので.僕にも,正解はわかりませんし.読むたびに,考えは変わってしまいますしね.

>紗綾
 >感心を通り越して感動しました
 と手放しでほめてもらって,僕は大丈夫なのでしょうか.でも,素直にうれしいです,ありがとうございます.
 何度も読みたいと思える作品になっているか不安でしたが,ひとりでもそう思ってくれる人がいることを自信にしていきたいと思います.

>のりまきさん
 寝るまでが今日なので,大丈夫ですよ!(笑) 読んでいただきありがとうございました.
 >寂しそうです。そういうのが文章からひしひしと感じました。
 寂しいと書くのは簡単ですが,こんな風に文章から感じてもらうことは難しいと思います.でも,そんな風に言っていただけているなんて光栄です.
 >目覚まし、枕、携帯、感情があったら何を思うんでしょうね……
 確かに.彼らもきっと悠に愛されていたはずですから,彼女はそういった点で一人きりじゃないのかもしれないですね.面白い視点での感想ありがとうございました.
 
>郭公さん
 >最後の展開も予想できつつも納得の感動が来た内容だったと思います!
 予想できる,普通なお話でしたよね.それでも納得の感動が得られていて,よかったです.今後は,この雰囲気を活かしつつ,もっと内容のある,作品を書いていければいいなと思います.
 ありがとうございました.

 改めて,読んでくださった方々,本当にありがとうございました.
 また,作品を執筆してアップしていくので,よろしければ読んでいただけると嬉しいです.また,せっかくこの会で知り合えたわけですので今後も,よろしくお願いいたします.

 
スポンサーサイト
【2012/03/10 15:46】 | 短編小説 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<いちばん!  | ホーム | はるやすみ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kimihazakiko.blog.fc2.com/tb.php/26-a3cf9d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた【そつろん! なんて四文字萌えアニメがあれば,僕はもっと頑張れる.】
 3月も気がつけば一週間が過ぎ,ふとしたさりげない瞬間に別れだったり,終わりの香りがして切ない季節ですね. 僕も配属先が岡山に決まり,住む場所も決まり,ちゃくちゃくと社 まとめwoネタ速suru【2012/03/18 04:39】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。