FC2ブログ
わらえる.4
 思い出.大切な思い出.僕の生きがい.
 それらはすべてが過去で,今のすべてでもあった.

 思い出,と言えば聞こえがいい.大切なもの,一生の宝もの.僕と,彼と,君たちとの,たくさんの思い出.誰のものでもない,君たちとしか共有することが出来ない,特別な時間.
 でも,それらは,もう手にすることが出来ないあの日々の記憶だ.今となっては,失ったものの残滓だ.
 どれだけ,愛でようと,大切にしようと,再び手にすることはできない.それらは確実に,日々追うごとに輪郭を失っていく.どんどんとあの頃の自分との距離が開いていく.それは当たり前だ.僕はもう,学生じゃない,髪は黒く,短く切りそろえてある.「ドコニデモイルアリキタリ」な社会人の顔をしている.
 写真に写る皆の姿は,若い.髪は明るく,肩は軽い.両手を挙げ,屈託のない笑顔をふりまく.
 社会人と,学生.
 いったい何が変わるのか,よく考える.社会人になり,春が終わり,現実を垣間見て,夏が過ぎ,夜の長い季節へと移り変わろうとしている今.その肌寒い夜は,僕の思考を加速させる.
社会人としての責任,立場,プライド,生きがい.
 ロックンローラーになるわけでも,旅人になるわけでもない.ただのサラリーマンだ.普通の分かりやすいレールの上に立っている僕にはその答えなんて思いつくわけもなく.ただただ,平凡な逃避への憧れと,一歩を踏み出せない机上の爆発を繰り返し,翌朝には聴き飽きた目覚ましの音で目を覚ます.
 
 僕の特技は,過去に縋ること.
 
 仕事場で名字に「さん」付けで呼ばれるたびに,僕はひとつずつ失っていく.日々を摩耗していく.なにかを,諦めていく.
 いつかの日々を想う.
 全員が,浮足立ってて,完璧ではないくせに,大きな声で笑うだけの日々.くだらなく,馬鹿みたいに,お互いを馬鹿にしあいながら,酒を酌み交わす.
漫画のような日常.青春の最高潮.

 僕の特技は,過去に縋ること.
 僕の生きる糧は,過去に縋ること.
 
 目覚ましで目を覚まし,ひとりで誰もいない空間におはようを落として,重い肩を動かして,着替えて会社へ向かう.
 名字にさん付けで呼ばれて,必要最低限の会話と当たり障りのない話題を交わす.
 日々,声は小さくなっていく.今日も僕は,過去に縋る.思い出し笑いで,心を保つ.
 日々,心は摩耗していく.その摩耗してすり減った隙間を埋めるのは,思い出補正によって肥大した,腐りかけの思い出.
 なんのために,働いているのだろうか. 
 仕事から帰り,誰もいない部屋で一人,考えることがある.
あの頃の自分は,自分の欲しいもの,やりたいことへの資金のためにアルバイトに勤しんでいた.強制されるわけではなく,自分から進んで働いていた.間違いなく.
 いまはどうだろうか.
 確実に,あの頃と比較して,賃金は多く,自由な金は増えた.何が違うのか.
 今までで一番目先の見えない日々,ほんとうに,わらえる.
「おい」
 苛立ちのこもった声に誘われてゆっくりと頭を上げると,呆れた表情を浮かべた課長の姿が目に入った.堕ちていた思考を無理やり引き起こして,現実を見つめる.
「聞いてたのか?」
 圧迫する声.僕は「すみません」と応えて,また頭を下げた.本日,何度目かわからない謝罪の言葉を漏らす.頭を下げることを恥ずかしいと思う.謝罪の言葉はダサいと思う.でも,どうしようもなかった.
「もういい.今日は帰れ」
 失敗をしたわけではない.でも,僕のせいであるのは間違いなかった.なにかあるたびに,「これだからゆとり世代は」と鼻で笑われる.まだ容量の悪い作業.効率の悪い業務進行.大きな失敗をすることはなくても,叱責されることは多くあった.
 課長の言葉に背中を蹴られるようにして,僕は会社を後にする.社会人になった記念に買った腕時計は深夜の零時過ぎを示していた.
 意識して深く,ため息をはく.肌寒い風が時折吹くけれども,そのため息が白く染まるような季節ではない.ただ,風情もなく少し淋しい寒気が僕を襲う.途中コンビニによって,無愛想な店員に相手をしてもらい,缶ビールと夕食の弁当を買った.自動ドアをくぐりまた,ため息をこぼす.徒歩で通える距離に借りているワンルームマンションがあることだけがこの暮らしの救いだった.
 犬の鳴き声の一つもない,車が法定速度オーバーで走り去る音,点滅する信号機,これだけ夜が深くとも,街の明かりで星空など望めるわけがなかった.点在する街灯の明かりを道しるべにするように,僕はマンションへの道のりを歩く.マンションで帰りを待つ人など,いるはずがなかった.
 ダイレクトメールと広告の溢れる自分の部屋番号のポスト,止まる時に大きく揺れるエレベーター,点滅を繰り返すロビーの蛍光灯,鍵を開けて隙間風の多い扉を開いて僕は部屋へと帰宅する.なにも変わりのない,僕の一日の終盤の風景だった.
 ゆるみきっていたネクタイを外し,スーツを脱いでハンガーにつるす.これが,僕の思い描いていた社会人生活なのだろうか.
 どこか,遠くに旅に出たいと,思った.
 でも,その思いは,仕事どうする,だとか親にはどう説明するだとか,友人にはどのように思われるといった建前や体裁という,紙とペンだけで誰にでも簡単に作れる言い訳によって小さくなっていった.
 缶ビールを開けて喉に流し込む.「このために働いてんだよなー」なんて,試しに言ってみたけれどもそんな爽快な気分などどこにも転がっていなかった.
 テレビをつける.適当にチャンネルを回してやっていたよくわからないバラエティ番組を見ながら僕の夕飯はゆっくりと進む.量産された笑い声が部屋に響く,そのテカテカした笑い声をかき消すように僕の携帯電話が鳴り響いた.
「たいせつなことがああ!! みっつある!」
 僕の耳に突き刺さったのは,そんな突然の103マイルのストレートボールのような声だった.
「え? は,はい?」
 僕は突然すぎるその台詞に戸惑いの返事を返す.意味が分からなかった.ディスプレイで確認をすると,その電話の向こうで浮足立った声を上げるのは高校からの付き合いの友人であるヤマモトだった.
 ヤマモトは僕の言葉が気に入らなかったらしく,少し面倒臭そうに「だぁから,大切なことが三つあるんだって」と繰り返した.「なんだよ,お前,辛気くっさい声しやがって」といって大きな声を出して笑った.その笑い声がテレビのスピーカーから漏れるそれと比べ物にならないくらいに僕の心を温めてくれる.
「ああ,わるい」
「なんだなんだ,そんな仕事帰りにコンビニ弁当と缶ビールで自分をごまかしながら日々過ごしてんの?」
ヤマモトのまっすぐな何も分かっていないくせに,すべてを見透かしているその発言に僕はおもわず笑ってしまった.
 ははっ,こいつ,人の事を何も知らないで.
 それでも,湧いてくるのは嫉妬や怒りではなく,もっと爽やかな,軽やかな響きのするものだった.
「で,突然なんだ?」
 深夜過ぎ,「大切なことが3つある」という言葉だけをすんなりと飲みこめるような思考をあいにく僕は持ち合わせていなかった.ヤマモトの勢いのあるだけの台詞の意味を理解できるはずもなく,また疑問を返す.
 テレビを見ている自分も,コンビニ弁当を前にしているのも馬鹿らしくなり立ちあがって部屋の窓を開けて,ベッドに腰掛けた.窓からは星はのぞめなくとも,明るい月くらいは観ることが出来た.白い,楕円形の月.

「まず1つは,さりげないこと」
 電話の向こうの子供は,僕の疑問などまったく無視しているようだった.なにも気にせずに勝手にしゃべり始めている.
「まるで近くのコンビニに行くみたいに,いつも行くラーメンを食べに行くように,さりげなくてはならない」
 こうなったヤマモトにはもう何もきかない.もうすでにスイッチが入っているようだった.誰が止めようと,自分の言いたいことをすべて言い終わるまでしゃべり続けるだろう.僕の言葉なんて聞く耳を持たない.すべてを,筋の通った恐ろしくかっこいい台詞を言い終えるまでヤマモトのソロパフォーマンスは止まらない.
「2つは,自由でなくちゃいけない.しっかりとした計画性なんていらない.少しのお金と,着替え,ケータイさえあれば充分だ」
 さりげないこと,自由であること,この2つを聞いた時点で少しだけ僕にも心当たりがあった.少し前,僕が思ったことだ.旅.そうだ,こいつは旅に行くんだ.
「おもしろうだなヤマモト.けど,僕には仕事があ――」
「わかってるから! 最後まで聞けよ!」
 同時だった.
 その言葉と同時に,僕の住むワンルームマンションの扉が蹴り開けられた.飛び散るちょうつがいのビス.僕の革靴.上半分の支えを失った扉を無理やり元の位置にはめ直して,ヤマモトは登場した.
 ヤマモトが住む町と,僕が今暮らしているこの街は別である.ヤマモトにだって仕事があるだろうし,明日はまだ平日だ.こんな時間に,このような形で彼が登場することがあるはずがなかった. 
でも確かに,彼は僕の目の前に現れた.固く閉ざしてあった僕の部屋の扉をさも簡単に蹴り破って,破壊して,颯爽と登場した,
「お前はいちいち,冷静過ぎるんだよ.もっと,馬鹿になれ」
 ヤマモトは靴も脱がずに,ずかずかと僕の部屋へと上がってくる.履き古したオールスター.自分が吹き飛ばした革靴を玄関の方にけり飛ばし,冷蔵庫をあけて牛乳を開封して飲み始める.開封済みの方があったのに.
「っはぁ……そして,さいごの1つ.3つ目だ.縛られちゃいけない」
 そして,うまそうに牛乳を飲み終えた後,のセリフはこれだった.久しぶりでも,扉のことの謝罪でもなんでもない.牛乳のあと口周りに残った顔で,とびっきりのキメ顔を決めるとヤマモトはそう言い放った.
「これが,一番大切だ.仕事とか,昨日とか,方法とか,計画とか,お金とか,時間とか,明日とか,結果とかに縛られちゃいけない.何も考えちゃいけないんだ」
 びしっ,と僕を指差してそう吐き捨てる.
 いつも,そうだった.
 ヤマモトは僕のような普通の,つまらない日々には生きていない.特別な非日常の住人なのだ.
 世界最強で,自由で,突拍子がない.
 そして,子供みたいに馬鹿で,かっこよかった.
 高校のときに,先生に叱られた思い出を振り返るとコイツのせいじゃない事なんて一つもない.
 学校中の時計をすべて二十分早めたことを思う.いつ思い返しても,最高にクレバーでクレイジーなイベントだった.大学のときに,使われていない街中の鉄道のレールにマネキンで作った「アート」をこっそり展示して回ったことも,誰にも言えないけれども自慢だ.
 誰かに言わせれば,何も得ることの出来ない社会からすれば石ころみたいな小さなことばかりだ.すべて突然ヤマモトが言いだして,僕が手伝うと言う形でやったことばかりだ.いい思い出.かけがえのない若気の至り.僕の生きる糧のひとつだった.

 あのころは,よかった.
 時間なんてたっぷりあったし,自分の事だけを考えればよかったからだ.
 でも,今はそうはいかない.そうはいけない自分になってしまったのだ.
「わかるだろ? この3つに沿って,俺達は今から北海道へ行く! 旅しようぜ」
 はっきり言って魅力的な言葉だった.
 旅をしようぜ!
 僕も何も考えずにそう返したかった.だけど,違う.そんな軽いものじゃない.
 僕は,残念なことに,子供のまま大人に近づけなかったということだ.
 ワクワクして,毎日を過ごす.些細なことに興奮して,笑って,後から焦って,でもどうにかなる.そんな日々を忘れていっているのだ.ルーティーンがいやだいやだ,と日々自分を抑えつけているフリをしながら,実はそれが一番安全で楽だと言うことに気がついてしまっているのだ.
 その事実がすごく,歯痒くて,悔しくて,でもそれをわかっていてもヤマモトの船に乗り込めない自分がまた,悔しかった.

「ははーん.もしかして,お前,躊躇ってるな?」
 そんな俺の心情を思ってか思わずか,ヤマモトが嫌らしそうな笑みを浮かべる.
「お前は普通を嫌う,普通の人間なんだ.人とは違う特別を求める,でも結局お前は普通なんだ.だからあがく,騒ぐ,挑戦する.そうだろ?」
 ヤマモトは動き出せない僕を放って,勝手に箪笥を開けるとボストンバッグに荷物を詰めていく.どんどん,僕の荷づくりが進行していく.
「肝心なときだぜ? 今,普通を選ぶか,ヤバイ方を選ぶか」
 ヤマモトは詐欺師のようだった,甘美な言葉を並べる.すべてがうまくいくような香りを惜しげなく漂わせる.でも詐欺師と決定的に違うのは,本当にうまくいくし,なんとかなるというところだ.僕の経験上の話でしかないが.
「お前,しごとは?」
「辞めた」
 聞いても意味のないことを,聞いてしまった.コイツが何かをするためにはそれ以外のすべてを捨てることを忘れていた.
「そう,か.でも,僕は無理.本当に,今回だけは無理.せめて,予定を立てて長期休暇を取るからその時に行こう」
「じゃあ,逆に今回だけは今から行こうぜ,北海道へ」

 さりげないこと.

 ヤマモトから「北海道へ」という言葉を聞くとどこか数十分で行けそうな土地のように聞こえた.でも,そこは日本で唯一大地と呼ばれる地であり,一日二日で行けるような場所ではない.
 今回だけ,なんて言っても,もし行ったとしたらその今回が最初で最後になるにきまっている.
「何も準備もないし」
 僕は両手を上げる.仮にそんな所まで行くのなら,必要なものを考えて持って行く用意が必要になってくる.
「いや」

 自由でなくちゃいけない.

 ヤマモトは手元のボストンバッグにどんどん洋服や,タオルを詰めていく.そしていっぱいになったそれを僕の方へと投げてよこした.受け取ると,そのバッグは思っていたよりも軽かった.
「これで充分だしな」
「いや,そうかもしれないけど……まぁ,落ち着けって」
 このヤマモトのペースに飲まれるのはまずい,こいつは今働いていない.そう,自由だ.でも僕はそういうわけにはいかない.きちんと会社に勤めているし,逃げ出すにはきちんとした手順を踏む必要があることは理解している.
「そんな,一番落ち着いてないのはお前のくせに,なんだよさっきからソワソワしてさ.行きたいんだろ? 認めちまえよ」
「え」
 してやったり,とヤマモトが笑う.
 意識してなかった.だが確かに僕の体はウズウズとその本能を動かし始めていた.鈍っていたそれが,少し,少しと蠢動を始めている.
「なんで……」
「俺から言わせれば,なんでそんなちっぽけなものに捕われてるんだ? 後からなんとかなるじゃん.得るものの方が多いって,そんなもんだろ? 知ってるか? 人生は一度しかないし,やりたいことは今しかできない.反省して後悔するのは自分だけ.人って,いつか死ぬんだ」
 ベッドに飛び乗ったヤマモトは,そのまま天を指差した.
「な?」
 ふと,心が折れそうになる.冷静になれ.確かにそうだ,間違いない.今の仕事をいやいや続けて積らせる不満と,実りのない日常の思い出.それと比較して若いころにしかできない自由奔放な日々の思い出,そしてひとりじゃない時間.確実に“今”だけにフォーカスを当てると魅力的なものがどちらであるかは明確だった.でも,まだ無理だ.今をぶち壊すには足りない.
「いや,そんなことで,何も変わらないんだよ.そんなのわかるだろ? 今までだって,そうだったじゃないか? わざわざ2時間も学校に早くいって全部の時計を早めたって,すぐに直される,アートだって,誰かの胸に届いたかどうかなんて誰にもわかりゃしない.そんなもんだったじゃないか!」
「今回は,違う」
「いや,そう言って――」
「じゃあ,何も変わらない.ってことを確かめに行こう.そんな理由で行くのもアリじゃねぇ?」
 もう,ダメだ.
ヤマモトがベッドを下りて僕の方を振り返ると,子供みたいに笑った.その笑みを見るだけで何とかなる気分に包まれる.
「全部,放り出して,旅しようぜ」
 我慢できなかった.つよがってばかりいるにはヤマモトという人間を前にするには無理があった.

 縛られちゃいけない.

「あぁああああああああああぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああ ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」
 そう叫んで,僕は飲み終えた缶ビールの空き缶を握りつぶした.近所迷惑だなんて,考えることが出来なかった.叫ばなければ自分を保つことが出来なかった.
 青臭い深夜ドラマみたいな友情物語,少し酔いのまわった僕の頭にはそんな安っぽい物語が序章を駆け出していた.その順調な走行を強制終了させる.
 そして現実に,我に,帰って絶望する.
 人生に,世のなかに,自分のカッコ悪さに,こんな文章を書いてしまうとこに.
 空になったコンビニ弁当,量産された毒にも薬にもならないバラエティ番組,鳴らない携帯電話.
 今日はもう,眠ろう.ベッドに行くのも億劫だ,でも,それでも飼いならされた僕は時間になると目を覚まし,仕事へ行くのだ.
 僕は心の中に怪獣を飼っている.それは,叫び声をあげて,虎視眈眈と日常を破壊するチャンスを狙っている.でも,その怪獣はひとりでは暴れることができない.そんなにも僕は強くない.誰かが必要なのだ.君が必要なのだ.ヤマモトのような,スーパーマンが.
 凝り固まった心を蹴り飛ばしてくれ,我慢することがかっこいいと思っている僕を鼻で笑ってくれ,僕の怪獣に 甘い甘い餌を与えてくれ.道連れにしてくれ.
 ああ,本当,わらえる.
 僕の住むワンルームマンションの扉は,人の蹴りなんかでは壊れない.
スポンサーサイト



【2012/10/14 02:11】 | 短編小説「わらえる.」 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<がんばる. | ホーム | あきよる!>>
コメント
No title
いつかまたお酒を酌み交わしましょう。

きっと僕はざきこさんの中の怪獣を満足させられる餌は持っていないし、スーパーマンにもなれない普通の世界の住人だけど、お互いに傷を舐め合うくらいなら出来ます。

唾液とアルコールには消毒作用があるんです。

いつかまた、お酒を飲みながら傷を舐め合いましょう。
【2012/11/14 16:48】 URL | あき #wc/9R6iQ[ 編集] | page top↑
No title
あきくん!!!!

そうです,いつか酌み交わしましょう.あれから僕もあきくんも,間違いなく成長してますし,衰退もしてます.
 普通なんです,でも,それが普通なんです.
 一緒に,自分を卑下しつつ,他人をうらやみ,そして,アルコール消毒にいそしみましょう.あきくんのことを,またひとつ好きになりました.
【2012/11/19 23:33】 URL | ざきこ。 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kimihazakiko.blog.fc2.com/tb.php/46-e6af837d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【わらえる.4】
 思い出.大切な思い出.僕の生きがい. それらはすべてが過去で,今のすべてでもあった. 思い出,と まっとめBLOG速報【2012/11/04 09:05】
| ホーム |