FC2ブログ
かいじゅう!
怪獣始めました。
強くありたいから。
怪獣始めました。
かっこいいだなんて、夕暮れ時君が特撮見ながら言ってたから。

邪魔なビル右手で引っこ抜いて、新幹線の葉巻をくわえて、かわいい君を肩に乗っけて、あの夕日を眺めていたいのさ。

君の声はまるで蚊の羽音のよう。
君のキスはぬるい風のよう。
君の作ってくれたあったかいみそ汁も、僕の体を温められない!
がおー、がーお、があああ!!
もう一度言うよ何度でもいうよ。わかってくれよ。君が好き。


怪獣始めました。
大きくなりたかったから。
怪獣始めました。
車でドライブなんてつまらない、って君が帰り道言ってたから。

丁寧に歯を磨いて、放射線を吐き出すのは控えて、かわいい君を肩に乗っけて、今日も僕たちを祝福する赤いサイレンが綺麗だね。

君の体を抱けない。
君と一緒に笑えない。
君からのプレゼントの靴下も、僕の足を温められない!
ハロー、ハーロー、ハロー!!
いつもありがとう。わかってるよ。君が好き。

怪獣始めました。
君が東京のまちに消えても、僕の声は君の耳に届くように。
怪獣始めました。
日本中でどこよりも早く。
怪獣始めました。
いつか、君がかっこよく変身して、僕を月まで蹴り飛ばすんだ。
しぶとい僕を倒すため、君は月まで飛んでくるだろう。
そしたら、そこでふたりで暮らそう。
地球見をしながら乾杯しよう。
怪獣始めました。怪獣始めました。
スポンサーサイト



【2013/03/14 20:24】 | 詩とか. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しょうねん! | ホーム | そつぎょう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kimihazakiko.blog.fc2.com/tb.php/53-bf466b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |