スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
はきだす。
短歌 tanka


  季節を感じ
蝉が消え 夕暮れに虫が リンと鳴く が色づき 夏が死にゆく

輪郭を 失い溶ける 積乱雲 空の高さが を知らせる

鈴の声 の終わりが目にしみて 今宵は、なつこうしく思う

リン、と鳴くの虫の声 風鈴を 買わないままで 終わっていく夏

の布団 羽毛と空気と あと布と 夏の思い出と 人の温もり

  やるせない
山の淵 満ちた月へと コン、と啼く 狐という字は ""独と似ている

遠い日々 失いし日々 い春 溢る思い出に 溺れて眠ろう

鉄の香り 眠る遮断機 丸い月 午前三時の 踏切じゃ死ねない

いつまでも 子どものままで いようねと 約束をした 小指を拾った

夢を見た うまく踊れない 社会人 着ぐるみを着た 19の僕

くだらない 笑い声とタバコの煙 いつかのあの場所は 入口と出口

サヨナラが 涙で湿気て しまわぬように シリカゲルと一緒に眠ろう

眠る時 目を覚ます時に おもうこと 17の僕に 僕は勝てない

  青春のとき
秋の夕 野球部の声 管楽器 薄朱い廊下 記憶の隠れ家

2000日 水がなければ 枯れる日々 手のひらに残る 針で刺した傷

ヘリウムと夢と青さと友情を 詰めた風船で 校庭から出よう

放課後の 静かな教室 蛍光灯 押し潜めた ざわつきと期待と


  
授業中 居眠りをする あの人が 頬を寄せる机に嫉妬する

わかってる? わかっていないよ いつだって あなたの返事は ああ、うん、そうだね。

物理学 距離と速さとエネルギー 愛と誠はネセサリー

あ、好きです えーっと、うーん あのーその あ、はい、そうです 会いにいきます。

嵐の日 いつものリズムで シェイクハンド 停電の夜に ルナを探して

さしすせそ 僕がネコなら君は猫 巻きまく 運命を 確かめる夜

いとしさと 切なさと強さ あとそれと ボンドで固めた ギザギザハート

雨の夜 「好き」と言う事の 反対は 「好きじゃない」って 雨粒が語る

セイウチと ウミガメの背にまたがって 君の街まで 謝りに行く  
 
  いま
ぬるい部屋 静寂と進む時間 積む書類 眠気と共に 僕は夜を飲む

世を泳ぐ 大きく息を吸い蹴伸び 呼吸が出来ない ぼくは いい人

三文字の 「いつか」の言葉が想うのは いつかの未来か いつかの過去か

憧れは 枕に溶けて 夜の中 朝は夢の終わりの終わりに

雨をいなす ビニール製の プラネタリウム 僕が守れる 範囲の星空

  
  むだい
雨の日は 人目を逃れて UFOが 雨雲の上で こっそりランデブー

もっとくれ 足りないものをもっとくれ 足りないことが わたしを満たす

檸檬色は 月から零れた カスタード そのドロップスは 甘くて甘い

木曜日 君がカウントする ワンツースリー! ウルトラミラクル ハッピーエンド。


以上,
2012年の秋から,この1年間で作った創作短歌.
スポンサーサイト
【2013/12/08 12:41】 | 詩とか. | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<こいびと. | ホーム | しろくま! >>
コメント
No title
研きかかっててびっくらこいた。
【2013/12/09 22:07】 URL | 1101 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kimihazakiko.blog.fc2.com/tb.php/59-4dca7ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。