FC2ブログ
シグナル①
シグナル、シグナル。
応答してよ、シグナル。聞こえていますか。
点滅を繰り返す街灯。
それはシグナル。ちかり、ちかりと白と黒を繰り返す。蛍光灯がはなつ、死に際のシグナル。じじじ、という音。電流が流れる音。それを受け止めきれない蛍光灯は点滅を繰り返す。

世界はシグナルに満ちている。そのことを9歳児のボーイが教えてくれた。思い出させてくれた。
人の通らない道にも信号機は点るということ。
想像してみよう。世界中のシグナルを。
深夜の信号機、停止になったままの線路信号、暗い道を歩くスマートフォンの明かり。メールの着信を告げる点灯。まばらなマンションの明かり。電波塔の赤い光。ゆっくりとした点滅。それは息を吸って、吐くように消えては、また光る。
シグナルは世界の呼吸。世界が生きている証なのだ。寝息のようなシグナル。荒い呼吸のようなシグナル。
僕は点滅する蛍光灯の下に立って、見上げる。近すぎる、手を伸ばせば届いてしまいそうだ。
寂しいなと、僕は思う。寂しいシグナルだなと僕は思う。
さようなら、またね。またよろしくね。
ちかり、ちかり、ちかちかり。

また、よろしくね。の言葉を僕は決して言い忘れない。
さようならばいばい、で別れる人生なんて僕は認めない。

じゃあ、また来週に。
そう言って、別れた夜のことを思い出す。僕たちは同じ速度で自転車漕いでいた。あの頃の話だ。今はもう別々の乗り物に乗って、別の道を進んでいる。
速いバイクに乗っている。チャイルドシートを乗せた車に乗っている。自転車に乗るのはもう、きっと僕くらいだ。
それでも、歩く速度は変わらなくて、そのことに笑いそうになる。泣きそうになる。いつか、並走する日を夢に見ている。
何年振りなんだろう。また、来週に、と別れる夜は。
時刻を告げるシグナル。メールの着信を告げるシグナル。
彼らはその中に消えていった。彼らの背中を見送らずに僕はその場を後にする。それができる夜に僕は震える。何かを残していきたいなと考える。こういう瞬間を残していきたいなと思う。
さようなら、またね。また来週ね。
ぴぴぴ。

またね。の言葉に僕は縋らない。
きっと、そんなもの必要ない世界がきっと、僕の欲しい世界なんだ。

シグナル、シグナル。
教えてよ、シグナル。聞こえていますか。
今を伝える術を。この時を誰か、伝える方法を。
僕はどうすればいいの。ちかり、ちかりと僕は点滅できないから。
シグナルボーイも、その答えをきっと、知りたい。
スポンサーサイト



【2015/05/10 22:57】 | 詩とか. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さいてい。 | ホーム | あしふみ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kimihazakiko.blog.fc2.com/tb.php/74-d2f046b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |