FC2ブログ
さいてい。
後悔というものは素晴らしい。
一見、意味のあるように見えるそれは無意味で、ただただ麻薬のような自己満足と、陶酔と、前進の気分を味わうことができる。
後悔というものは素晴らしい、
自分で始まり、自分で終わる。何も発信しない。自慰行為に似た夢想。
それひとつで、過去は変わらないし、今も変わらない。お金も稼げないし、マジシャンも驚かない。深爪も治らない。小学生にもなれないし、初恋も実らない。君にも会えない。
2万円の方が、後悔よりもずいぶんと価値がある。
2万円出せば、4,5時間で君に会うことができるのだ。
後悔しても、君には会えない。2万円を出しても、昨日は変えられない。

後悔というものは素晴らしい。
それは科学の限界への挑戦。過去を変えたいと願う想い。
いつか、世界中の後悔が集まって、ビッグ・バンのような回転と爆発が起こったとしたら、それはきっとタイムマシーンの完成の日だ。後悔が相対性理論を超える夜。
僕はひっそりと、その夜を待ち続けている。音楽を聴いて待っている。
彼はよく笑うけども、僕の話を聞きやしない。青い鳥はカゴに閉じ込められたまま鳴き声さえも聞こえない。ひとりで待つのも飽きてきた。音楽も聞き飽きてきた。昔の自分を思うのも疲れてきた。思い出せやしない自分の笑い顔を見るのも疲れてきた。このまま、後悔することにも飽きたことを考えるとぞっとする。
イヤフォンをはずして、ぼくは外に出る。見上げた空は黒くて、後悔なんて言葉は似合わないくらいに、星がきれいだ。
このまま、空に吸い込まれていけばいいんだな、と思う。吸い込まれて、どこかに行けばいいんだな。
このまま、空につぶされてしまえばいいんだな、と思う。つぶされて、泣いて、つぶれてしまえばいいんだな。

世界は素晴らしくない。
こんなにも、センチメンタルで、感傷的な僕が空を見上げているというのに、星のひとつも流れやしない。
誰か、僕をさらってくれ。
後悔しない人生を一緒に送ろう。
誰か、僕をさらってくれ。後悔のすべてを、君のせいにするから。
スポンサーサイト



【2015/05/13 01:12】 | 詩とか. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ねむろう。 | ホーム | シグナル①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kimihazakiko.blog.fc2.com/tb.php/75-b0afcd7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |